2010年01月20日

岡田外相、外国人看護師雇用へ試験改善=難解な漢字、合格阻む(時事通信)

 岡田克也外相は17日午後、都内のホテルでインドネシアのマルティ、フィリピンのロムロ両外相と相次いで会談し、両国出身の看護師と介護福祉士の日本国内での雇用拡大に向け、難解な漢字が多用されている国家試験の改善を検討する考えを伝えた。
 日本は両国との経済連携協定に基づき、看護師などの研修生を受け入れている。しかし、国家試験では「褥瘡(じょくそう)」=床擦れ=、「仰臥位(ぎょうがい)」=あおむけ=といった日本人でも読みづらい漢字が使われ、意欲のある研修生が不合格になるケースが多い。マルティ外相は会談で、「配慮してほしい」と見直しを要請した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

<雑記帳>大隈重信が記念貨幣に(毎日新聞)
2月にセミナー「本気の子宮頸がん検診フロンティア」(医療介護CBニュース)
落語家の春風亭栄橋さん死去(時事通信)
ゾルゲ事件 宮城与徳の勲章、モスクワで発見 遺族に(毎日新聞)
交通網調査費盛りLRT減額 堺市議会が予算承認(産経新聞)
posted by アマダイ王子 at 17:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。