2010年03月07日

朝鮮学校の授業料無償化 公明・山口代表「除外すべきではない」 (産経新聞)

 公明党の山口那津男代表は3日の記者会見で、朝鮮学校を高校授業料の無償化の対象とすべきかどうかについて「日本に永住権を持つ子弟あるいは日本で長く生活する外国人子弟については、基本的に日本国民と同じような対応が与えられるべきだ」と述べ、除外すべきではないとの考えを示した。理由として「教育の機会均等、法の下での平等は重要な原則だ。外国人だからといって保証されないということは極めて例外的、合理的理由がなければならない」と説明した。

【関連記事】
橋下知事が朝鮮学校視察へ「拉致、総連と関係あるなら府税出さぬ」
社民党議員が都内の朝鮮学校を視察 授業料無償化めぐる問題
朝鮮学校無償化 橋下知事「拉致と切り離せない」
無償化へ朝鮮学校側が“攻勢” 社民は首相に生徒との面会要請
朝鮮民族は日本の「朝鮮学校統治」を容認するのか
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

学生寮、不況で復権 家計に配慮、自ら希望(河北新報)
「生活費に困って…」 ひったくり容疑で男を逮捕 警視庁(産経新聞)
「別れさせ屋」、探偵業法に基づき指導へ(読売新聞)
首相動静(2月26日)(時事通信)
自民執行部は「谷垣おろし」の火消しに躍起 舛添氏は今日も批判(産経新聞)
posted by アマダイ王子 at 10:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。